So-net無料ブログ作成

空飛ぶタイヤ [本]


空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2006/09/15
  • メディア: 単行本


この物語はかつて某財閥系自動車メーカーによる
何回かのリコール隠しをベースにして描かれた作品の
ようです。
 赤松運送のトラックが事故を起こします。
それはタイヤが車軸から外れてしまい、外れたタイヤが
歩いていた主婦の背中に直撃して死亡してしまいます。
その時、主婦と一緒に歩いていた子供も怪我をしますが
幸いにも命に別状は無い怪我ですみます。
 警察が入って事故原因を調査するのですが、これが
赤松運送の整備不良だと結論づけ、赤松運送の社長である
赤松に逮捕状が出そうになります。家宅捜索も入って
いよいよかと思われたのですが、決定打となる証拠が
見つからずに逮捕が出来ません。というか家宅捜索の
結果は逆に、整備はきちんとされていたという結果に
なってしまいます。警察もここから先はしりつぼみに
なっていきます。
 赤松は一度は社員の整備不良を疑うのですが、きちんと
整備されており、自分の会社の落ち度による事故では無い
と確信し、逆に警察に調査報告をしたメーカーに、調査
内容の詳細を確認しようとするのですが、埒があきません。
相手は財閥系の自動車メーカー。殿様商売を絵に描いた
ように、町の中小企業の赤松のことなど鼻にも掛けません。
警察もまた、自動車メーカーの調査結果を疑うことも
しません。そして国土交通省でさえも、提出された結果に
疑問を挟む事もありません。
 そんな中、赤松運送の大口顧客からは取引中止を宣告
され、取引銀行にも融資の中止と、これまでの融資の
全額返還を要求されてしまいます。
 それでも、自らの潔白を信じ、社員の家庭を守るため
世間の非難の目にぐっと耐え、殿様企業、警察と徹底的
に戦う姿が読む者に感動を与えてくれます。
 戦う姿は、とにかく必死です。事故の原因を探るために
これまで、同じような事故を起こした運送会社を渡って
話を聞いて、事故はメーカーの欠陥が原因だということを
突き止めようとします。
 それらの運送会社はそれこそ、日本全国各地に散らばって
いるのですが、それでも頭を下げて訪ねていきます。
 門前払いをされるところ、赤松運送の整備不良だと決め
つけて逆に非難をされるところもあり、簡単には行きません。
それでも、好意的に対応してくれる会社もあり、何とか
情報を集めて、自らの潔白を証明する証拠を集めます。
 本当に執念と思える赤松の奮闘ぶりは感動的です。
 一方、被害者の家族からは訴訟を起こされてしまいます
が、ここでも赤松の弁護にあたる弁護士が、力になって
くれます。又融資を止められ窮地に立たされるのですが
別の銀行が手を差し伸べてくれます。
 それは赤松のこれまでの奮闘する姿を見て共に戦おうと
してくれる戦友のようにも見え、喜ぶを赤松と共に読み手
にも共感を与えます。
 殿様企業を筆頭に、圧倒的に不利な状況の中で、決して
諦めずに、戦う姿は本当に感動的です。
 それに対して、殿様企業の対応は腹立たしさの一言、とい
うか、これは一種の犯罪だと思えます。
 財閥系企業であり、何があってもユーザーは自分達から
離れていかないという傲慢さが、客を客とも思わない対応
に出てきます。が一方企業の中にも、そうした隠蔽体質に
対して戦おうとする力もあり、組織の中での駆け引きも
リアリティがあります。
 この物語は、実際に起きた事故をベースに描かれたもの
ですけど、こうした殿様企業だなと思わせる事例は身の回り
でも結構あったようです。
 リコールの対応も横柄であったりとか何かと対応が上から
目線で、憤慨していたという声を何回か聞いたことがあります。
結局、そのユーザーは、そのメーカーの車から別のメーカー
の車へ乗り換えてしまったようです。
 最近は、こうした不正の発覚が多くなってきました。
物語では自動車メーカーですが、食品に関しても本当に酷い
と思える不正もあります。
 そういう意味では、この物語は今になってもなお読んで
みて欲しい一冊だと思います。
 ユーザーとしての立場の人も、供給側の立場にある人にも
是非、お薦めです。
 まぁ、そうした事は別にしても、この赤松の奮闘ぶりには
グっとくるものがあります。
 ボリュームは結構ある本ですが、物語の中に引き込まれる
と苦にならずに読めるのではないかなと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。