So-net無料ブログ作成

流星の絆 [東野圭吾]


流星の絆

流星の絆

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/03/05
  • メディア: 単行本



両親を殺害された子供3人が復讐を試みる
ミステリー小説。
東野さんらしい小説といえるかな?
両親を殺害されているという設定なのだが
小説の全体の雰囲気としは尖っていない。
子供達は両親を殺されて14年が経過した時
に復讐を実行に移そうとするのが、その
きっかけが少し安い感じがする。
復讐の相手と、自分の父親とは生前、それほど
関係が無い。いい関係にしろ、悪い関係にしろ。
簡単に言うと動機が薄いかな。
最近では以前にも比べて理由無き殺人が横行
しているからそういう意味ではそれほど不自然
ではないのかもしれないが、小説という物語
の世界の中での話しだとしたら、もう少し奥行き
のある関係が欲しかったかなと思う。
また、主人公である子供ら3人にしても両親を
殺害した犯人に対する憎しみの感情が薄いかな。
14年経過してあるきっかけから思い出したように
復讐を計画するような感じが見られる。
またその手法もぬるいかなと。
そういう復讐方法も確かにありかなとも思うけど
主人公達の心のうちの描写が薄いから余計にそんな
風に感じられます。
またラストを閉めるのに使われた登場人物も、その
時になれば、こういう使い方だったのかと思えたが
逆にそれだけの為に使われた道具的な感じがします。
いったい彼がこうして出てくるのにはそれなりの
理由が用意されているのかと、いろいろと探りながら
読み進めたわりには、結果寂しいものだったいうか
それだけ?って感じで。
結果から見ると、道具として使われた彼は必要なかった
んではと。
同じ結果を産むための道具にしても、もう少し違った
感じでの使われ方をしても良かったのではと疑問が
残りました。
さすがに、事件の真相にはサプライズを用意してくれて
はありましたが、どうも登場人物達の心情が浅く感じ
られて心を動かされるというところまでは残念ながら
到達させてもらえませんでした。
一言で言うと、軽いという印象です。
あまり重たい雰囲気のミステリーは苦手とか、食傷気味
で展開とその先に用意されているサプライズが洒落て
いるかどうかというようなところに楽しさを求める読者
には受け入れやすい物語ではないでしょうか。
復讐する相手の、仇の男に妹が惚れてしまうという設定
からどんな風に展開させ、どんな人物描写をしていくの
興味が湧きましたが、盛り上がりはもうひとつかなという
のが個人的な印象です。
帯にある「すべての東野作品を越えた現代エンタメの最高峰」
にはやっぱり疑問が残ります。もっと良い作品が過去に
あったと思うけどな。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

yuka

この本、友人から"あらすじ"は聞きました。
でもやっぱり東野作品ですから
図書館で借りれる日はまだまだ先のようです・・・・ (^ω^;)

先週調べたら まだ40人くらいの人が待っているようです。
最近では【僕は非情勤】(東野作品です。)という文庫本を
借りました。
これもなかなか面白かったですよ!
by yuka (2008-07-28 10:21) 

joker

yukaさん。

そうでしたか、すでに大まかな展開は知ってるんですね。
人の感想は人それぞれですから、また読んだ時には感想を
聞きたいです。ヾ(=^▽^=)ノ

図書館で借りるとなると、厳しい状況ですね。
うちの図書館は一回で借りられる期間が2週間ですから
40人待ってるとなると単純に80週。ざっと1年半。(^^;;
ん~、気をなが~くしていてくださいね。

「僕は非常勤」
これいけるんですか。ではリストに入れておきます。


by joker (2008-07-28 22:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。