So-net無料ブログ作成

理由 [宮部みゆき]

理由

理由

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/06/29
  • メディア: 文庫

とにかく長いというのが印象です。
ページ数は700弱で特別長くはないのですが
読んでみると、やたらと長く感じました。
物語は荒川区で起きた一家4人殺人事件の
回想という形で進んでいきます。
現在進行形という形でないため、状況説明や
事件の経過ををなぞるような感じで
緊迫感が感じられません。
事件は一家4人殺害というショッキングな
事件でありながらも、そうした衝撃が読む側に
伝わってきません。
ただし、展開として犯人が誰なのか、そこに
住んでいるはずの人が殺されたのではなくて
まったくの赤の他人が殺されており、その被害者の
身元がラストにたどり着くまで判らないという
展開で、そこにたどり着く為に多くの人達が登場し
多くの字数を割いているのですが、物語の展開が
ほぼこれになってしまっているのは不満が残るところです。
そして、その身元を割り出すのも警察ではなくて
報道をみた家族が自分の身内だと名乗り出るという
形で、長い時間と字数を割いた割にはあっけない
形で身元が判明してしまうところにも不満が残りました。
また、多くの登場人物の事件でのポジションやそれぞれの
関係性を咀嚼するのにてこずりました。
まぁ、これは読み手の読解力の不足が原因でもあるとは思いますが。
物語の色としてはミステリー色が強いことは強いのですが、こうした
展開には読み手の好みによって引き込まれるか醒めて
しまうか分かれるものだと感じました。

家やそこに住まう家族の在り方や家族を構成する各個人
の関係や心理描写を描いていますが、日常的であり
深い心理描写とも感じられないという事も引き込まれて
いかなかった原因かもしれませんが、犯人である女が
弟に犯行を告白してからの二人の心理描写はよく描かれていて
作者の力量が感じさせられます。
また、親の存在や親という形になる存在に対する怖さも
よく描かれています。
親という力が、子供たちの自由や考えを搾取している魔物
のようにも感じられると。そしてその力に抑圧された子供達が
それを上回るために形ある怪物になっていくのかもしれないと。

個人的にはやはり現在進行形の中での心理描写がどう描かれて
いるのかが楽しむうえでの軸になっているので、どうしても
評価は厳しくなってしまうのですが、読む人が読めばとても
楽しめるのかもしれません。

 


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 6

最近読書に目覚めた友人に
人気作家さんを教えて欲しいと言われ
好きな作家さんリストを作って渡したのね。
その中に宮部さんの名前も書いたの。
そしたら彼女 いきなりこの本を図書館で借りちゃって!
途中でギブアップしてたわ (笑´ω`)
by (2007-05-21 18:14) 

joker

yukaさんへ。
読書に慣れていない方が、いきなりこれを
手にしたのは、ある意味では不運だったかも
しれませんね。(笑
ドキュメンタリータッチで描かれているだけに
抑揚を抑えてあって、字数がとても多いんです。
だから、慣れない人にはキツイと思いますね。
それに集中力も必要に感じますし。
正直、私も途中で投げちゃおうかと思いましたから。(笑
で、そのお友達はまだ読書続けられてます?
by joker (2007-05-21 21:01) 

今は【山田悠介】さんの作品(あそこの席)を 読んでるようです!
この作家さんはイイ!!とハマりだした様子です (●´艸`)
良かった・・読書嫌いにさせちゃわなくって(´ω`;)
by (2007-05-25 21:11) 

joker

yukaさん
好みの作家さんに巡り合えたようで
良かったですね。ただでさえ活字離れですので
読書好きが増えるのは喜ばしいことです。
これからも楽しんで欲しいものです♪
by joker (2007-05-25 21:38) 

Sho

宮部さんの本は、おそらく三分の一も読んでいないと思いますが
「理由」は「火車」と同じか、それに近いくらい好きです。
本の内容は、たいてい読んでもどんどん忘れてしまい、この本も例に漏れないのですが、弟の視線がすごく上手いなと思いました。

「魔術はささやく」もそうですが、この人は少年の視点を捉えるのがすごく上手だと思います。
私はわりとこの本は読みやすかったです。「レベル7」の方がてこずりました。
by Sho (2007-06-09 22:09) 

joker

shoさん
コメントありがとうございます。
宮部さんも人物描写は巧いですよね。
この物語では弟と姉の間のやりとりが
印象に残りましたね。

私も宮部さんの作品はまだ少ししか読んでいないですが、
「魔術はささやく」も読んでみたい作品のひとつです。
by joker (2007-06-10 07:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。